りんく集あ


通常、人間は汗をかいたり皮膚に血液を集めることで、熱を外に放出して、熱を下げ熱中症が防げます。しかし、「高温」「多湿」「風が弱い」「熱を発生するものがある」などの環境では、身体が外気への熱の放散ができず、汗の蒸発も不十分となり、熱中症になりやすいのです。

ホームページ1

ホームページ2


屋外はもちろんですが、一般家庭の風呂場、気密性の高いビルやマンションの最上階なども注意が必要です。また、持病によっても体温調整が下手になっていて熱中症になってしまう可能性もあります。人は、環境によって体温が変動するカエルや魚などの変温動物とは違って、24時間周期で36〜37℃の狭い範囲に体の温度を調節している恒温動物です。体内では生命を維持するために多くの営みがなされていますが、そのような代謝や酵素の働きからみて、この温度が最適の活動条件なのです。 私たちの体では運動や体の営みによって常に熱が産生されますが、同時に、私たちの体には、異常な体温上昇を抑えるための、効率的な調節機構も備わっています


ホームページ3

ホームページ4


屋外はもちろんですが、一般家庭の風呂場、気密性の高いビルやマンションの最上階なども注意が必要です。また、持病によっても体温調整が下手になっていて熱中症になってしまう可能性もあります。

デイトレード りんく集あ