金融緩和で円相場1ドル97円台に

内閣発足して100日過ぎ、日銀総裁も決まり、デフレ脱却に向け新たな金融緩和が行われました。

ジュエリー ブランド通販それに伴い4月5日の為替相場は、3年8か月ぶりに一時97円になりました。
又、株も買われて1万3000円台まで回復し、一時600円近く上昇する加熱ぶりです。....

円安が一段と加速

アメリカの株式がリーマンショック以来、3年半ぶりに株高に沸いています。
3日連続で株価が上がった事で、為替市場も一段と円安に進み、一時95円の相場をつけました、為替取引を学ぶなら、Maestro FX

またドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が定例理事会後の会見で楽観的なユーロ圏の景気見通しを示した事で、ユーロも上昇し、世界的に株価が上昇しています。....

為替相場は膠着状態

アベノミクスで円安方向に進んで為替相場でしたが、この処のイタリアの選挙で再び欧州の財務不安が起きるとの懸念から、
一時対ドル91円を割る円高となりました。

株式相場も値下がりしました。

27日は、92.02円と戻し、ドル円は売りで利確というところでしょうか。

イタリアの選挙の余震というか、これからも波乱の展開をするのでしょうか。

アメリカの、新築住宅販売件数等の米経済指標が軒並み事前予想を上回り、瞬間的に92円半ばまで反発しています。

やはり、アメリカの動きの影響大です。

外国為替相場が、対ドル91円台の円安に

外国為替市場は、対ドル91円台に乗り、28日の日経平均株価は前営業日比9円25銭安の1万0917円40銭と、円安を好感して一時1万1000円台を回復しました。

この処、円安に推移し、株式相場も高値に動いていますが、実勢の経済はまだまだの感がします。

輸出が多い企業の業績は、何もせずに利益が出るので、業績アップとなるので、今後雇用に結びついて、デフレ脱却に向かえばよいのですが・・・・

円安は原料の輸入に頼っている畜産や原油を使う企業にとって、喜んでいられないでしょう。

今後の経済政策によっては、借金だけが次世代につけを回すという事態になる訳ですから、しっかりとした政策を願いたいものです。

年末のFX相場は、86円台で終了

いよいよ、実質的に今年の為替市場は終わり、円相場ば対ドル86円で終了です。
そう言えば、今人気のFXバックドラフトが、年内で終了とか。

東京市場は31日の月曜日は祝日の為、休日となる為、年内の取引は終了となります。

年内の経済指標としては、31日に中国の「12月中国HSBC製造業PMI」の発表がありますが、大きく変わらないでしょう。

今の円安は、ファンダメンタルズ面では、日銀の金融緩和強化観測や貿易赤字の定着など円安サイドの要因に注目が集まっているもので、実状で動いているものでないので、今後の値動きを注視しなければならないといわれます。

米国の「財政の崖」問題について、オバマ大統領が上下院指導者と協議を行い、30日には下院での協議が再開されるため土壇場での合意形成が期待されています。

これらを見ても、円が買い戻す気配が薄く、円安が維持されそうであると言われます。
年明け相場も、お祝儀相場で一段と円安となるのではと、FXトレーダーにとって虎視眈々という所でしょう。??

くまひげ流FXトレードシステムはこちら・・・みきのひとりごと

自民圧勝で、円84円台に

年末の衆議院選挙が終わり、自民と公明で325議席となる自民党の圧勝で、ニューヨーク市場は、84円台の円安に動いています。
またユーロも売られ9か月ぶりの円安水準となっています。
阿部政権で、大胆な金融緩和が行われるという観測から、世界的に円が売られいる模様です。
過去の推移から、一時的に円安になっても、直ぐに円高になっているので、今後も円安が進むのかは今後の政策次第でしょう。
でも、企業にとって輸出がし易く経営改善が期待されるでしょう。

東京株8600円割れ、2か月ぶり

ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、10日は続落し、東京株式市場も、世界的な景気の先行きに対する警戒感から、幅広い銘柄が売られ、2カ月ぶり安値8600円を割りこみました。

中国経済が減速するなか、尖閣諸島の問題で、日本開催のIMFに中国の銀行が欠席する事になり、欧州の債務問題など重要な会議に中国が加わらないようです。
株式取引には旬の知恵

領土問題だけに長期化が懸念されます。それにしても、これまで尖閣諸島について何の提起もなかったのに、突然領有権を主張し始めた訳で困惑でしょう。

中国の経済は、日本にとっても重要な貿易相手こくですから、早く解決してほしいものです。

また、アメリカの雇用統計が少し上向いたものの大統領選挙でオバマ大統領の再選されるのか、世界経済は残り1か月足らずに注目が集まっています。

外国為替市場も、景気悪化懸念を背景に、円高・ユーロ安傾向にあります。

円高は日本の通貨の評価が高いという事で、本来なら喜ばしいともいえるのですが、円高が1円高くなるだけで、利益が無くなるというわけですから、影響は深刻です。

トヨタ自動車は、1円の円高ドル安で営業利益が320億円なくなると言われます。同じように他の企業も経営を圧迫する事になるので、株式市場も安値で動いているのでしょう。

資格を取るなら資格試験学習法

米FRPが量的緩和第3弾実施へ

米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場から住宅ローン担保証券を追加的に買い取り、大量の資金を供給する量的緩和第3弾(QE3)に踏み切ることを決めました。
為替売買ならFXバックドラフト

米国の失業率が高止まりし、経済の回復が鈍い状態が続いていた為のカンフル剤になるとの見方で、市場は好感され株価も少し上がったようです。

米国経済は年明けから回復ペースが鈍化しており、12年4〜6月期の実質経済成長率は1.7%と低い水準にとどまっています。
8月の雇用統計でも失業率は8.1%と、長期間にわたり高止まりし、バーナンキ議長は8月の講演で「労働市場の改善はいら立たしいほど遅い」と不満を示すなど、この経済の鈍化が11月の大統領選でも経済問題が争点に浮上し始めています。

ただ、量的緩和はインフレ懸念を高めるなどの副作用が懸念されるのですが、安定的な経済・雇用回復を優先したようです生き生きライフ

円高が加速する懸念があり、日銀も追加緩和策があるのではという観測もあるようです。

NY株、FRBの追加金融緩和で反発

FRBのバーナンキ議長が共和党下院議員にあてた書簡で、
「金融環境を緩和し、景気回復を強化するために追加的な措置をとる余地がある」との考えを示していたことが判明し、24日のニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均は前日終値比100.51ドル高の1万3157.97ドルと大幅に反発して終了しました。

ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数は、16.39ポイント高の3069.79で取引を終えました。

快適ライフ

一度は23日に地区連銀総裁の一人が慎重論を示したため、後退した市場の追加緩和への期待感が再び高まり、買いが集まったという見方です。

米経済の回復が想定より遅れているためで、9月12〜13日に開く次回委員会で、量的緩和第3弾(QE3)などの追加策に踏み切るとの見方が強まったことなど、週明け相場は一層の期待相場となるのではないかという観測もあります。

しかし、これも一時的という悲観的な見方もあり、相場を読むのは難しいですね。

イキイキ生活 通販プラザ

ギリシャの信用格付け引き下げの模様

今やイギリスのロンドンでオリンピックが開催され、日本が大健闘の活躍をしているのですが、同じ欧州のギリシャでは財政再建が更に遅れるという見通しを立て、米国の有名格付け会社・スタンダード・アンド・プアーズが更に格下げするという見通しとなったようです。

格付けは投機水準の目安ともなり、投資がしにくくなり財政再建が遠のくため、欧州や国際社会がさらなる支援が必要になる恐れがあるとしている。

ギリシャ自身が、早急に赤字削減など、財政再建を迫られます。

ところで、ロンドンオリンピックでは初メダルというバトミントンや卓球の活躍があり、前回の北京より楽しいオリンピックですね・・・

欧州通貨売買なら恋スキャFX

盛り上がらない家電のオリンピック特需

ロンドンオリンピックがいよいよ開幕し、メダル獲得のニュースが話題となっています。

そんな中、今までならオリンピック特需として、TV観戦などで盛り上がるはずの家電が、伸び悩んでいます。

家電量販店のテレビ売り場には、50〜60型の大画面テレビが並び、開会式までの日数をカウントするパネルなども掲示されたのですが、来店客はまばら。FXバックドラフト

電子情報技術産業協会によると、今年5月の薄型テレビの出荷台数は前年同月比74.6%減の40万9千台。昨年3月の家電エコポイント制度の終了、同7月のアナログ放送終了前の駆け込み需要の反動で需要は低迷し続けている。

なぜ伸びないのか?

薄型テレビは既に飽和状態で、スマホの普及で、観戦スタイルも変わってきているという。
NHKもスマホ向けの無料配信を実施しています。

ただ、メーカーも手をこまねいている訳ではなく、大型TVやネット融合などあれこれと手を打っているようで、今後の残り少ない期間でどこまで期待できるのか、正念場といわれています。

五輪商戦は転換期を迎えたのか、五輪特需も伸び悩む家電を牽引できなくなったのでしょうか?


イタリアの国債利率が7%に

国債の利回りが7%を超えるとその国の経済は破綻するといわれますが、欧州の国債危機でイタリアが7%の水準に近づいています。

外国為替売買ならトップトレーダー育成パッケージ

イタリア国債はイタリア政府が発行する借用証書で、それだけの利回りにしなければ他国はお金を融資しない事です。

ではイタリアが本当に破綻するのかと言えばそうでもないようです。

FXはゴールデンスパイダーFX

財政運営が苦しくなるものの、世界で7番目の経済大国で債務は日本の方が遥かに悪いのです。

投資と言う面では、敬遠され縮小してしまい、銀行の外国の預金が引き揚げられ、イタリア経済に影響し、欧州の為替市場が乱高下する要因となっています。

G20では欧州への財政投資が決められイタリアが破綻する事はなさそうです。

7%は自国では対処できず、国際支援の対象となる境目が7%という事かもしれません。

欧州外国為替、ユーロ相場96円台突入

5月末の欧米外国為替市場では、ギリシャ財政危機を受けて欧州の財政問題に対する懸念が強まり、対ドルや対円でユーロ安が進行しています。
外国為替を学ぶならマエストロFX
ギリシャに留まらずスペインの信用不安も加わりリスク回避の動きが強まって、ユーロが急落、対円相場は一時1ユーロ=96円48銭と96円台に突入、11年半ぶりの円高・ユーロ安水準となっています。
さらに、米国の民間統計で就業者数の伸びが予想を下回ったことなどから景気の先行き不安が広がり、安全資産とされる円買いが一気に加速した模様。




酵素でカラダ綺麗に酵素で健康生活

米景気動向が低調

米国や欧州で、4月30日景気動向が発表され、市場予想を下回ったことなどから、ニューヨーク外国為替市場で、円相場は一時、1ドル=79円79銭となり2月24日以来、約2か月ぶりに79円台をつけました。
外国為替ならMaestro FX。円は対ユーロでも買われ、同時刻、同73銭円高・ユーロ安の1ユーロ=105円60〜70銭で取引されていますキウイ王FX 配信
東京市場が、昭和の日の振替で休場となる中、円の対ドル相場は早朝にかけて80円10〜20銭近辺を小動きです。
米商務省が発表した3月の個人消費支出が前月比0.3%増と、伸び率が前月の0.9%を大幅に下回ったのをきっかけに79円台乗せ寸前の水準まで上昇しました。その後も、米国の追加金融緩和観測を背景にドルが一段と売られ、シカゴ地区の製造業景況指数の発表を前に80円の節目を突破し、79.9円前後で推移しています。
4月の同指数は56.2と前月の62.2から大きく低下、市場予想(61.0)も下回り、ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.3230〜3240ドル(前週末午後5時は1.3247〜3257ドル)、対円では同105円70〜80銭(同106円33〜43銭)で推移しています。By小春日和

日本がIMFへ600億ドル融資。

安住財務相は「欧州危機のみならず、日本及び周辺アジア諸国の不安定化収束につなげるために、早期の合意形成に貢献すべきだと判断した」と述べ、IMFに600億ドル(約4.8兆円)融資すると発表。為替の円高基調も80円台まで回復し安定に貢献するのではないでしょうか?外国為替なら、FXバックドラフト

昨今、中国の尖閣諸島の越境や北朝鮮の人工衛星など軍事による圧力が強まる中、日本では、経済による欧州への貢献を示す事で、欧州そして世界に貢献するという日本独自の姿勢を示した。

外国為替売買の養成なら、マエストロFX
大判振る舞いという批判もあるようですが、今現在金融危機に苦しむ欧州諸国にとって感謝されるであろう大きさは、今後日本が世界に発言する強さも大きくなり、軍事強化に勝る英断ではないかと思います。

G20財務相・中央銀行総裁会議も始まり、600億ドルの融資は円高の阻止に向けた強い姿勢を示す事が出来るのではないでしょうか?安住財務大臣の活躍に期待したいと思います。



ソーケン 交流磁気治療器 電験3種スピード合格術

バイナリオプションって

バイナリーは2進数の数字表現法で、英語では【binary】を語源にしています。0か1の極めてシンプルな取引です。たった100円の古本が最初の出会いだったと告白する、元祖FXクイーン山根亜希子さんのミリオンバイナリ。設定された価格を最終的な価格が超える
「HIGH」か
下回る「LOW」
かを予想する、たったこれだけの取引です。

今は不景気な世の中ですが、この方法ならマイスタイルで簡単に驚くほどのお金を集めることが可能です。
この方法は・・・

  • ギャンブルでは味わえない高い再現性があります。(つまり、利益を得やすいということです。)
  • 株取引ではないため、暴落などで持っていた株券が紙切れになる、なんて事は絶対ありません。
  • FX取引とは違い、ポジションの行方が気になって、仕事が手につかないなんてこともありません。

このような点からみても『バイナリオプション』という投資法は「簡単」「確実」「安心」という、沢山の利点があるのです。

例えると、現在の米ドル円レートを1$=78円とします。今から1時間後のドル円為替レートが78円以上になると思うなら「HIGH」、78円以下になると思うなら「LOW」という具合に予想します。

そして、賭けたとおりの結果になれば、最高で賭け金の2倍近いお金を手にできるという仕組みです。

万一負けても、失うのは賭け金のみなので、FXのように一気に何十万円も消えることはありません。

そのバイナリオプションの取引ノウハウを投資界で知らない人はいないというカリスマ投資家、山根亜希子さんが強力に後押しします。

あなたは、山根さんの情報通りに取引をするだけ。

難しい経済誌を読んだりする必要が無いのです。

「仕事が忙しい」って方も「何十万円も持っていない」って方も、この投資法で「だからこんなに簡単に儲かるんだ」って納得していただけるでしょう。

山根亜希子さんのオプション取引は ・・ << ミリオンバイナリ >>

スカイパーフェクTV《耳より通販情報》で紹介された【 キングアガリクス 】ブラジル産自然露地栽培アガリクスがあなたの健康をサポートします。キングアガリクス100

ところで今日の激動の為替相場、欧州の国債の下落でユーロが100円を割り込む異常なまでの円高を迎え、日本の産業が圧迫されつつあります。これまで経験した事のない円高で、FX為替売買もテクニカルのみでは通用しません。この様な時でもFXバックドラフトなら、相場の心理を読む事で大きく負ける事のない為替取引が可能かもしれませんね。

ユーロ圏の金融大手格付け引き下げの方向

米格付け会社のS&Pは7日、EU(欧州連合)の長期信用格付けを最上級の「AAA」から格下げ方向で見直すと発表しました。また、ユーロ圏の金融大手の格付けも、一斉に引き下げ方向で見直すと発表しました。

再現性100%と言われる投資術鬼斬りFX

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は12月5日、ドイツやフランスを含むユーロ圏の15カ国の長期ソブリン格付けを「クレジットウォッチ・ネガティブ」に指定したことに続くものとなります。

ただEUをネガティブとしたが、ユーロ圏以外のEU諸国には影響しないとしています。大手銀行で見直しの対象となったのはBNPパリバ、ドイツ銀行などです。

ニューヨーク円為替相場は対ドルで3日続伸し、円は対ユーロで横ばい。NY原油先物相場は4日ぶりに反落しています。NY金先物相場は3日ぶりに反発、シカゴ日経平均先物(円建て)は8710円大証清算値比30円高でした。

またS&Pは、ユーロ圏で政治や金融の問題が深刻化すれば、影響はEU全体に及ぶ恐れがあると説明しています。安定したFX為替売買は、FXシステムレビューが参考になります。

なお、暮らしの知恵は、生活情報を入手できます。