日経平均株価2万円超えの期待

日経平均株価が先週、とうとう2万円のカベを突破しました。
2万円台を回復するのは、2000年4月以来、約15年ぶりです。....

酵素のもつ触媒作用

タンパク質は大きさ、構造、性質、働きなどにおいて千差万別です。....

黒田バズーカ砲で円111円に想う

日銀の追加緩和で円は111円台を超え、一時最高値112円で6年10カ月ぶりの安値になりました。....

円相場、一時105円の円安となる

ニューヨーク外国為替(FX)市場の円相場は9月2日、約8か月ぶりに一時、105円台を付けました。....

トヨタが自動車販売台数で2年連続で世界1位になる。

トヨタ自動車は北米などで自動車販売台数が伸びた事もあって、昨年度2013年の自動車販売台数が世界首位が確実になったと、デトロイト時事で発表されました。....

中国市場へ日本車の輸出が盛り返す

中国での反日デモや不買運動の影響で低迷していた日系自動車メーカーの新車販売が、反日ムードが沈静化し始めたのか、2013年は中国での販売実績は過去最高を更新しました。....

円安が進む為替相場

日経平均株価は1万5814円、対ドル104.59と円安傾向となり、日本の経済界は、円安、株高は好まないといっています。....

東京株が6年ぶり1万6000円に

週明け24日午前の東京株式市場は、円相場が対ドルで104円台と高水準が続いている事に好感し、1万6000円台に回復しました。....

資金計画と最大ポジション

「最大ポジション」は、システムが同時にオープンするポジションの最
大数です。この数値は資金計画上、非常に重要な数値です。

最大ポジション数はシステムによって1〜10程度まで変わり、システムが実際に売買するポジションは、「システム登録時に設定するロット数×最大ポジション数」になり、この最大ポジションには特に注意が必要です。....

9月の全国消費者物価指数

為替市場でドルが一時96円台となった事もあり、日経平均は400円近く下げました。明日は反動があるのでしょうか?

総務省は、9月の全国消費者物価指数0.7%上昇し、これで上昇は4カ月連続となり経済相は、「デフレ脱却に向けて良い動きになりつつある」と述べました。....

来春の春闘で、どこまで賃上げできるか?

連合は、来春の春闘で賃上げ1%以上を要求し、賃上げの春が到来するのでしょうか?

デフレ脱却には、物価上昇と賃上げが同時に進む必要があります。....

久しぶりの米の雇用統計発表

久しぶりの米の雇用統計が発表され、市場予想を下回る事から、株価下落と連動しドル円も急落しました。

さらに、クロス円全般も急落し、投げ売り、ストップロス等の連鎖となったようです。....

米9月雇用統計の発表を前に

米長期金利が2.60%台へと回復しドル買いで、東京外国為替市場の円相場は、98円30銭近辺と前日に比べ20銭ほどわずかながらの円安・ドル高となっています。....

世界のグローバル企業

ユニクロが売り上げ高1兆円を超え、日本の衣料業界では初だそうで、超優良企業といわれる「しまむら」ですら売上高は5000億円程度ですからスゴイです。....

為替動向 131011

共和党が6週間引き上げる案を検討し始めたとの報道を受け、ドル買い円売りが強まり98円台へ突入、一時98.50を超えるところまで上昇しました。....

2お年東京5輪が決まり経済の波及効果に期待

2020年に開催されるオリンピックの開催地に東京が決まりました。

とりあえず、インフラ整備は直ぐに始まるでしょうから、そこから機械関係の設備投資も上向くかも知れません。....

日経平均とNYダウ

この処、目だった指標の発表が無い為でしょうか、外国為替相場は対ドル97円〜98円の小幅で動いています。....

米FRB量的緩和縮小に向かうのか

新興国の発展を促すとされる、アメリカの金融緩和は一応の目的が達成されつつあるとして、金融の量的緩和を縮小するようです。....

国定金利オペ延長を見送り

6月11日に行われた、日銀の金融政策決定会合で「固定金利オペ」の期間を現行の最長1年から2年に延長する案があった様ですが見送られました。....

日経平均株価が高値傾向を持続

15日の東京株式市場で日経平均株価が15300円台を回復し、依然高値傾向を維持している模様です。....