9月の全国消費者物価指数

為替市場でドルが一時96円台となった事もあり、日経平均は400円近く下げました。明日は反動があるのでしょうか?

総務省は、9月の全国消費者物価指数0.7%上昇し、これで上昇は4カ月連続となり経済相は、「デフレ脱却に向けて良い動きになりつつある」と述べました。

しかし、厚生労働省の統計によると、基本給や残業代、ボーナスなどを合わせた「現金給与総額」の平均額は、7月と8月で前年同月を下回ったとか。

サムスン電子が25日に発表した7〜9月期の連結決算は、営業利益が10兆1600億ウォン、売上高が59兆835億ウォンで、いずれも四半期別で過去最高を記録。

サムスンが好調な半面、パナソニックやシャープの液晶などの電子部品が伸びず、追い越されてしまいました。

携帯市場もついていけず苦戦をしているところが、日本経済の横ばいの原因にもなっているのでしょう。


注目記事
「昭和の3大馬鹿査定」、「戦艦大和、青函トンネル、伊勢湾干拓」
ヌード宣言の女子アナに賞賛殺到
"パパとお風呂"に驚くアメリカ人
大漁FX


注目の指標
米・9月耐久財受注
米・8月卸売在庫
米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.plbfzx.com/tb.cgi/56

C O M M E N T


Name :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  3000


  Preview