アメリカの為替動向

アメリカの為替動向

先日にはアメリカ国債が最高クラスから1ランク格下げされ、世界の為替動向が揺らいでいます。

為替取引ならFXバックドラフト

9日には米連邦準備理事会が、ゼロ金利政策を少なくとも2013年半ばまで継続すると表明し、債券のトレーダーは運用モデルの見直しに着手、多くが、1998年にトリプルAの格付けを失い、10年近くゼロ金利政策を続ける日本の経験を生かそうとしています。

個人投資家は短期トレードの恋スキャFXで、資産運用をしているようですが、先行きの見えないトレードで不安を隠せないようです。

ケネス・カットナー氏はニューヨーク連銀のエコノミスト時代、ドットコム・バブル崩壊後の米国がなぜ日本とは異なるのかについて論文を書いた。日本の不動産バブル崩壊後と比べれば、当時の米国の株価下落はそれほどひどいものではなかったし、金融システムは強固で、米国政府には財政的なゆとりがあり、景気が悪化すれば財政出動に乗り出せた。現在ウィリアムズ・カレッジ教授のカットナー氏は「当時は余裕があった」と語り、今では、米国と日本は異なるとする根拠がなくなりつつある。

と言いアメリカの為替動向に注目されています。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.plbfzx.com/tb.cgi/23

C O M M E N T


Name :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  3000


  Preview