アメリカ国債の格下げ

アメリカ国債の格下げ

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズは、5日に米国債の長期信用格付けを最高水準の「トリプルA」から「ダブルAプラス」に1段階引き下げました。

米国債は、他の金融商品などの利回りを決める際の基準として使われているため、その基準が揺らぐ事になり、今後とりわけ週明けの市場は、取引の動向をかたずをのんで注視することになりそうです。

短期為替売買ならスキャルピング FX プロ

一方、米連邦債務の上限引き上げ問題の混乱で「市場はすでに米国債の格下げを織り込み済み」との見方もあり、「市場の混乱は一時的なもので終わるのではないか」ともいいます。

今回の、米国債の格下げは、世界の金融市場が混乱し、格下げを嫌気した投資家が米国債を投げ売りし、価格が急落して金利が上昇すれば、米国経済の景気減速に拍車をかけ、世界経済を一気に冷え込ませる可能性があります。

ドル安、株安、債券安のトリプル安に陥る懸念もあり、市場は週明けの取引の動向をかたずをのんで注視することになりそうです。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.plbfzx.com/tb.cgi/22

C O M M E N T


Name :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  3000


  Preview