アメリカの為替動向

アメリカの為替動向

先日にはアメリカ国債が最高クラスから1ランク格下げされ、世界の為替動向が揺らいでいます。

為替取引ならFXバックドラフト

9日には米連邦準備理事会が、ゼロ金利政策を少なくとも2013年半ばまで継続すると表明し、債券のトレーダーは運用モデルの見直しに着手、多くが、1998年にトリプルAの格付けを失い、10年近くゼロ金利政策を続ける日本の経験を生かそうとしています。

個人投資家は短期トレードの恋スキャFXで、資産運用をしているようですが、先行きの見えないトレードで不安を隠せないようです。

ケネス・カットナー氏はニューヨーク連銀のエコノミスト時代、ドットコム・バブル崩壊後の米国がなぜ日本とは異なるのかについて論文を書いた。日本の不動産バブル崩壊後と比べれば、当時の米国の株価下落はそれほどひどいものではなかったし、金融システムは強固で、米国政府には財政的なゆとりがあり、景気が悪化すれば財政出動に乗り出せた。現在ウィリアムズ・カレッジ教授のカットナー氏は「当時は余裕があった」と語り、今では、米国と日本は異なるとする根拠がなくなりつつある。

と言いアメリカの為替動向に注目されています。

アメリカ国債の格下げ

アメリカ国債の格下げ

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズは、5日に米国債の長期信用格付けを最高水準の「トリプルA」から「ダブルAプラス」に1段階引き下げました。

米国債は、他の金融商品などの利回りを決める際の基準として使われているため、その基準が揺らぐ事になり、今後とりわけ週明けの市場は、取引の動向をかたずをのんで注視することになりそうです。

短期為替売買ならスキャルピング FX プロ

一方、米連邦債務の上限引き上げ問題の混乱で「市場はすでに米国債の格下げを織り込み済み」との見方もあり、「市場の混乱は一時的なもので終わるのではないか」ともいいます。

今回の、米国債の格下げは、世界の金融市場が混乱し、格下げを嫌気した投資家が米国債を投げ売りし、価格が急落して金利が上昇すれば、米国経済の景気減速に拍車をかけ、世界経済を一気に冷え込ませる可能性があります。

ドル安、株安、債券安のトリプル安に陥る懸念もあり、市場は週明けの取引の動向をかたずをのんで注視することになりそうです。

日銀為替介入で対ドル78円台に

日銀為替介入で対ドル78円台に

日本銀行は4日、円売り・ドル買いの為替市場に介入し、円相場は1ドル=77円10銭前後から79円台まで急落しました。

為替相場の新理論FXバックドラフト

午前10時ごろから東京外国為替市場で断続的に円売り・ドル買いの市場介入を実施、最近の急激な円高の進行に歯止めをかけるため、金融緩和を組み合わせた緊急の円高対策に踏み切りました。

円高が東日本大震災後の復興と景気回復を損なう恐れが強まっていることに対する政府・日銀の強い危機感を示すものです。

円売り介入は、震災直後に日米欧が協調介入に踏み切った3月18日以来約4か月半ぶりで、介入規模は兆円単位とみられ、介入後の東京市場で円は対ユーロでも急落しています。

野田財務相の緊急会見で、「無秩序・投機的な動きをけん制するため」と介入理由を説明し、日本政府の単独介入の様です。

為替介入が単独のため市場への影響は限定的との見方で、米国や欧州各国も順番に金融緩和策を実施することが想定され、ドル安リスク続く中、介入継続が必要になるのでは?という意見もあります。

4日正午現在は、1ドル=78円90〜93銭と前日比1円74銭の円安・ドル高です。


暮らしイキイキ

円相場は、対ドル76円台へ

円相場は、対ドル76円台

外国為替市場は、対ドル80円を割り込み東日本大震災で記録した76円25銭に迫ってきました。

為替相場の新理論、FXバックドラフト 理論【FX-BACKDRAFT / FXバックドラフト】

アメリカ国債の格付けが引き下げられるのではないかという見方に加え、発表された経済指標が市場の予想を下回ったことから、再び円高ドル安が進み、円相場は、一時、これまでの最高値寸前の1ドル=76円29銭まで値上がりしました。

アメリカ議会では、国債の引き上げが合意され、債務不履行という事態は避けられたようですが、巨額の財政赤字の解消が明確でないとの見方から、再びドルが売られるという見方もあります。

日本では、震災後の経済が落ち込み、輸出がさらに難しくなり国内の経済が心配されています。

為替配信の、キウイ王FX

また、今日から外為証拠金(FX)取引の規制強化導入され、FXの個人投資家は、今回のドルの下げ局面でポジションを圧縮していないため、「(ドルが)下がったら下値を買い支える余力は小さい。」と見らてれます。

今後の為替相場には、目が離せません。