9月の全国消費者物価指数

為替市場でドルが一時96円台となった事もあり、日経平均は400円近く下げました。明日は反動があるのでしょうか?

総務省は、9月の全国消費者物価指数0.7%上昇し、これで上昇は4カ月連続となり経済相は、「デフレ脱却に向けて良い動きになりつつある」と述べました。....

円安が一段と加速

アメリカの株式がリーマンショック以来、3年半ぶりに株高に沸いています。
3日連続で株価が上がった事で、為替市場も一段と円安に進み、一時95円の相場をつけました、為替取引を学ぶなら、Maestro FX

またドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が定例理事会後の会見で楽観的なユーロ圏の景気見通しを示した事で、ユーロも上昇し、世界的に株価が上昇しています。....

年末のFX相場は、86円台で終了

いよいよ、実質的に今年の為替市場は終わり、円相場ば対ドル86円で終了です。
そう言えば、今人気のFXバックドラフトが、年内で終了とか。

東京市場は31日の月曜日は祝日の為、休日となる為、年内の取引は終了となります。

年内の経済指標としては、31日に中国の「12月中国HSBC製造業PMI」の発表がありますが、大きく変わらないでしょう。

今の円安は、ファンダメンタルズ面では、日銀の金融緩和強化観測や貿易赤字の定着など円安サイドの要因に注目が集まっているもので、実状で動いているものでないので、今後の値動きを注視しなければならないといわれます。

米国の「財政の崖」問題について、オバマ大統領が上下院指導者と協議を行い、30日には下院での協議が再開されるため土壇場での合意形成が期待されています。

これらを見ても、円が買い戻す気配が薄く、円安が維持されそうであると言われます。
年明け相場も、お祝儀相場で一段と円安となるのではと、FXトレーダーにとって虎視眈々という所でしょう。??

くまひげ流FXトレードシステムはこちら・・・みきのひとりごと

自民圧勝で、円84円台に

年末の衆議院選挙が終わり、自民と公明で325議席となる自民党の圧勝で、ニューヨーク市場は、84円台の円安に動いています。
またユーロも売られ9か月ぶりの円安水準となっています。
阿部政権で、大胆な金融緩和が行われるという観測から、世界的に円が売られいる模様です。
過去の推移から、一時的に円安になっても、直ぐに円高になっているので、今後も円安が進むのかは今後の政策次第でしょう。
でも、企業にとって輸出がし易く経営改善が期待されるでしょう。

ギリシャの信用格付け引き下げの模様

今やイギリスのロンドンでオリンピックが開催され、日本が大健闘の活躍をしているのですが、同じ欧州のギリシャでは財政再建が更に遅れるという見通しを立て、米国の有名格付け会社・スタンダード・アンド・プアーズが更に格下げするという見通しとなったようです。

格付けは投機水準の目安ともなり、投資がしにくくなり財政再建が遠のくため、欧州や国際社会がさらなる支援が必要になる恐れがあるとしている。

ギリシャ自身が、早急に赤字削減など、財政再建を迫られます。

ところで、ロンドンオリンピックでは初メダルというバトミントンや卓球の活躍があり、前回の北京より楽しいオリンピックですね・・・

欧州通貨売買なら恋スキャFX

欧州外国為替、ユーロ相場96円台突入

5月末の欧米外国為替市場では、ギリシャ財政危機を受けて欧州の財政問題に対する懸念が強まり、対ドルや対円でユーロ安が進行しています。
外国為替を学ぶならマエストロFX
ギリシャに留まらずスペインの信用不安も加わりリスク回避の動きが強まって、ユーロが急落、対円相場は一時1ユーロ=96円48銭と96円台に突入、11年半ぶりの円高・ユーロ安水準となっています。
さらに、米国の民間統計で就業者数の伸びが予想を下回ったことなどから景気の先行き不安が広がり、安全資産とされる円買いが一気に加速した模様。




酵素でカラダ綺麗に酵素で健康生活

バイナリオプションって

バイナリーは2進数の数字表現法で、英語では【binary】を語源にしています。0か1の極めてシンプルな取引です。たった100円の古本が最初の出会いだったと告白する、元祖FXクイーン山根亜希子さんのミリオンバイナリ。設定された価格を最終的な価格が超える
「HIGH」か
下回る「LOW」
かを予想する、たったこれだけの取引です。

今は不景気な世の中ですが、この方法ならマイスタイルで簡単に驚くほどのお金を集めることが可能です。
この方法は・・・

  • ギャンブルでは味わえない高い再現性があります。(つまり、利益を得やすいということです。)
  • 株取引ではないため、暴落などで持っていた株券が紙切れになる、なんて事は絶対ありません。
  • FX取引とは違い、ポジションの行方が気になって、仕事が手につかないなんてこともありません。

このような点からみても『バイナリオプション』という投資法は「簡単」「確実」「安心」という、沢山の利点があるのです。

例えると、現在の米ドル円レートを1$=78円とします。今から1時間後のドル円為替レートが78円以上になると思うなら「HIGH」、78円以下になると思うなら「LOW」という具合に予想します。

そして、賭けたとおりの結果になれば、最高で賭け金の2倍近いお金を手にできるという仕組みです。

万一負けても、失うのは賭け金のみなので、FXのように一気に何十万円も消えることはありません。

そのバイナリオプションの取引ノウハウを投資界で知らない人はいないというカリスマ投資家、山根亜希子さんが強力に後押しします。

あなたは、山根さんの情報通りに取引をするだけ。

難しい経済誌を読んだりする必要が無いのです。

「仕事が忙しい」って方も「何十万円も持っていない」って方も、この投資法で「だからこんなに簡単に儲かるんだ」って納得していただけるでしょう。

山根亜希子さんのオプション取引は ・・ << ミリオンバイナリ >>

スカイパーフェクTV《耳より通販情報》で紹介された【 キングアガリクス 】ブラジル産自然露地栽培アガリクスがあなたの健康をサポートします。キングアガリクス100

ところで今日の激動の為替相場、欧州の国債の下落でユーロが100円を割り込む異常なまでの円高を迎え、日本の産業が圧迫されつつあります。これまで経験した事のない円高で、FX為替売買もテクニカルのみでは通用しません。この様な時でもFXバックドラフトなら、相場の心理を読む事で大きく負ける事のない為替取引が可能かもしれませんね。

ECBを控えドル78円台付近に戻る

ドル78円台の安値
8日の欧州中央銀行理事会(ECB)や9日の欧州連合首脳会議を控え、いずれも動意の薄い展開となり、ドル78円付近になっています。これは、ショートポジションが膨らんでいるユーロは買い戻されやすい地合いにあるようです。

外国為替取引なら鬼斬りFX

9日のEU首脳会議では、各国レベル及びEUレベルでの財政規律および違反時の制裁強化が議論される見通しですが、「ユーロのショートポジションが極端な水準に膨張しており、市場が会議で何らかの進展があったと認識すれば、ユーロの買い戻しにつながりやすい環境になっているとの観測です。

為替はマエストロFX

ユーロの下落は、ドイツやフランスなどトリプルA格付けの国も含め、欧州各国が今後数カ月以内に格下げされる可能性があるとの警戒感が広まったことが背景のようです。また、S&Pがユーロ圏の全ての国をクレジット・ウォッチ・ネガティブに指定する準備を進めているとの報道があった。

その後S&Pは、ユーロ圏15カ国の長期ソブリン格付けを「クレジットウォッチ・ネガティブ」にすると発表した事を受け、ユーロ/ドルは1.3385ドルと小幅下落しました。ただ、S&Pがこうした発表をするとの見方が既に広がっていたことから、反応は限定的だったようです。

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の取組(11月29日までの週)によると、ユーロの売り越しは10万4302枚と2010年6月8日終了週以来1年半ぶりの高水準となり相当規模のユーロショートを抱えていることから、「ユーロのリスクは上向き」との見方もあります。

NY円、戦後最高値に接近

ニューヨーク外国為替市場は、日本時間29日午前6時、前日比12銭円高・ドル安の1ドル=75円78〜88銭で取引を終え、この日には一時1ドル=75円68銭となり戦後最高値まであと1銭まで迫りました。

米連邦準備制度理事会が11月1〜2日の連邦公開市場委員会で追加の金融緩和に踏み切るとの観測などから、円買い・ドル売りの流れが続きました。

外国為替の売買には恋スキャFX

為替市場では、「最近の経済指標は堅調だが、米景気の楽観論が弱まれば円高が一段と進む」との見方が大勢という情勢です。

アメリカ経済の不安な中で、ギリシャの財政危機がヨーロッパの信用不安に広まり、ニューヨーク外国為替市場で円は投機的な買いを受けて一段と上昇し円が買われる傾向が続いています。

円は対ユーロで3日ぶりに反発し、前日比46銭円高・ユーロ安の1ユーロ=107円24〜34銭で取引を終えました。

短期為替売買なら、ROYAL5FX

一方、ユーロ圏首脳会議では債務削減のため、ギリシャ国債を持つ銀行などに同国債の額面50%の損を求めることにしたのですが、大手格付け会社フィッチ・レーティングスは、ギリシャの政府債務(借金)が大幅に削減された場合、「債務不履行」(デフォルト)と見なすとの見解を発表しました。

フィッチは「ギリシャ財政を持続可能にするのに必要な措置」としながらも「(経済)成長は弱く、支援策がうまくいっても政府債務残高は大きいままで、重大な試練は続く」と、財政健全化に疑問を示したようです。


ゴルフ上達ならゴルフ7日間シングルプログラム

アメリカの為替動向

アメリカの為替動向

先日にはアメリカ国債が最高クラスから1ランク格下げされ、世界の為替動向が揺らいでいます。

為替取引ならFXバックドラフト

9日には米連邦準備理事会が、ゼロ金利政策を少なくとも2013年半ばまで継続すると表明し、債券のトレーダーは運用モデルの見直しに着手、多くが、1998年にトリプルAの格付けを失い、10年近くゼロ金利政策を続ける日本の経験を生かそうとしています。

個人投資家は短期トレードの恋スキャFXで、資産運用をしているようですが、先行きの見えないトレードで不安を隠せないようです。

ケネス・カットナー氏はニューヨーク連銀のエコノミスト時代、ドットコム・バブル崩壊後の米国がなぜ日本とは異なるのかについて論文を書いた。日本の不動産バブル崩壊後と比べれば、当時の米国の株価下落はそれほどひどいものではなかったし、金融システムは強固で、米国政府には財政的なゆとりがあり、景気が悪化すれば財政出動に乗り出せた。現在ウィリアムズ・カレッジ教授のカットナー氏は「当時は余裕があった」と語り、今では、米国と日本は異なるとする根拠がなくなりつつある。

と言いアメリカの為替動向に注目されています。

アメリカ国債の格下げ

アメリカ国債の格下げ

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズは、5日に米国債の長期信用格付けを最高水準の「トリプルA」から「ダブルAプラス」に1段階引き下げました。

米国債は、他の金融商品などの利回りを決める際の基準として使われているため、その基準が揺らぐ事になり、今後とりわけ週明けの市場は、取引の動向をかたずをのんで注視することになりそうです。

短期為替売買ならスキャルピング FX プロ

一方、米連邦債務の上限引き上げ問題の混乱で「市場はすでに米国債の格下げを織り込み済み」との見方もあり、「市場の混乱は一時的なもので終わるのではないか」ともいいます。

今回の、米国債の格下げは、世界の金融市場が混乱し、格下げを嫌気した投資家が米国債を投げ売りし、価格が急落して金利が上昇すれば、米国経済の景気減速に拍車をかけ、世界経済を一気に冷え込ませる可能性があります。

ドル安、株安、債券安のトリプル安に陥る懸念もあり、市場は週明けの取引の動向をかたずをのんで注視することになりそうです。

日銀為替介入で対ドル78円台に

日銀為替介入で対ドル78円台に

日本銀行は4日、円売り・ドル買いの為替市場に介入し、円相場は1ドル=77円10銭前後から79円台まで急落しました。

為替相場の新理論FXバックドラフト

午前10時ごろから東京外国為替市場で断続的に円売り・ドル買いの市場介入を実施、最近の急激な円高の進行に歯止めをかけるため、金融緩和を組み合わせた緊急の円高対策に踏み切りました。

円高が東日本大震災後の復興と景気回復を損なう恐れが強まっていることに対する政府・日銀の強い危機感を示すものです。

円売り介入は、震災直後に日米欧が協調介入に踏み切った3月18日以来約4か月半ぶりで、介入規模は兆円単位とみられ、介入後の東京市場で円は対ユーロでも急落しています。

野田財務相の緊急会見で、「無秩序・投機的な動きをけん制するため」と介入理由を説明し、日本政府の単独介入の様です。

為替介入が単独のため市場への影響は限定的との見方で、米国や欧州各国も順番に金融緩和策を実施することが想定され、ドル安リスク続く中、介入継続が必要になるのでは?という意見もあります。

4日正午現在は、1ドル=78円90〜93銭と前日比1円74銭の円安・ドル高です。


暮らしイキイキ

円相場は、対ドル76円台へ

円相場は、対ドル76円台

外国為替市場は、対ドル80円を割り込み東日本大震災で記録した76円25銭に迫ってきました。

為替相場の新理論、FXバックドラフト 理論【FX-BACKDRAFT / FXバックドラフト】

アメリカ国債の格付けが引き下げられるのではないかという見方に加え、発表された経済指標が市場の予想を下回ったことから、再び円高ドル安が進み、円相場は、一時、これまでの最高値寸前の1ドル=76円29銭まで値上がりしました。

アメリカ議会では、国債の引き上げが合意され、債務不履行という事態は避けられたようですが、巨額の財政赤字の解消が明確でないとの見方から、再びドルが売られるという見方もあります。

日本では、震災後の経済が落ち込み、輸出がさらに難しくなり国内の経済が心配されています。

為替配信の、キウイ王FX

また、今日から外為証拠金(FX)取引の規制強化導入され、FXの個人投資家は、今回のドルの下げ局面でポジションを圧縮していないため、「(ドルが)下がったら下値を買い支える余力は小さい。」と見らてれます。

今後の為替相場には、目が離せません。

円・対ドル80円割れ突入

円・対ドル80円割れ突入

外国為替市場で円相場は、ギリシャの他ヨーロッパの信用不安が広まり、円が対ドル80円割れに突入しました。

FXで資産運用をしている人にとって目の離せない相場展開をしています。

このような相場は、恋スキャFXのようなスキャルピングトレードが向いているのかもしれませんね。

一時、東日本大震災直後以来の水準となる1ドル=78円49銭まで値上がりで、政府は「ちょっと一方的な動きだというふうに思っているので、しっかりマーケットを注視していきたいと思う」と述べました

欧州債務危機は治まっていないのでリスク回避の流れが拡大し、今後も円高傾向が続く気配です。

PR 小顔クリーム

ユーロ・円相場も早朝に一時、1ユーロ=109円63銭と前日の海外時間に付けた3月17日以来の円高値(109円58銭)付近まで円高に振れた後、111円57銭まで円が反落し、その後円は再びじり高となりましたが、午前11時に発表された中国指標が予想を上回り、豪ドル・円などで円売りが強まると、ユーロ・円も再び111円台を回復しました。

中国指標が予想を上回っているとはいえ、物価指数が高く今後の経済に影響するでしょう。

円相場は、アメリカ、ヨーロッパや中国そして日本の経済動向が依然大きな要素となっています。

FX相場を予想する、FX為替予想システムスナッチも、好評です。

13日午前11時現在、ニューヨーク外国為替市場の円相場はドル売り円買いが優勢となり、一時1ドル=78円台後半に上昇。

13日朝のオセアニア市場でも、円相場は1ドル=78円台半ばまで上昇。