日経平均株価2万円超えの期待

日経平均株価が先週、とうとう2万円のカベを突破しました。
2万円台を回復するのは、2000年4月以来、約15年ぶりです。....

円相場、一時105円の円安となる

ニューヨーク外国為替(FX)市場の円相場は9月2日、約8か月ぶりに一時、105円台を付けました。....

東京株が6年ぶり1万6000円に

週明け24日午前の東京株式市場は、円相場が対ドルで104円台と高水準が続いている事に好感し、1万6000円台に回復しました。....

資金計画と最大ポジション

「最大ポジション」は、システムが同時にオープンするポジションの最
大数です。この数値は資金計画上、非常に重要な数値です。

最大ポジション数はシステムによって1〜10程度まで変わり、システムが実際に売買するポジションは、「システム登録時に設定するロット数×最大ポジション数」になり、この最大ポジションには特に注意が必要です。....

9月の全国消費者物価指数

為替市場でドルが一時96円台となった事もあり、日経平均は400円近く下げました。明日は反動があるのでしょうか?

総務省は、9月の全国消費者物価指数0.7%上昇し、これで上昇は4カ月連続となり経済相は、「デフレ脱却に向けて良い動きになりつつある」と述べました。....

日経平均とNYダウ

この処、目だった指標の発表が無い為でしょうか、外国為替相場は対ドル97円〜98円の小幅で動いています。....

米FRB量的緩和縮小に向かうのか

新興国の発展を促すとされる、アメリカの金融緩和は一応の目的が達成されつつあるとして、金融の量的緩和を縮小するようです。....

国定金利オペ延長を見送り

6月11日に行われた、日銀の金融政策決定会合で「固定金利オペ」の期間を現行の最長1年から2年に延長する案があった様ですが見送られました。....

金融緩和で円相場1ドル97円台に

内閣発足して100日過ぎ、日銀総裁も決まり、デフレ脱却に向け新たな金融緩和が行われました。

ジュエリー ブランド通販それに伴い4月5日の為替相場は、3年8か月ぶりに一時97円になりました。
又、株も買われて1万3000円台まで回復し、一時600円近く上昇する加熱ぶりです。....

NYダウ、7営業日連続で高値更新

13日のニューヨーク株式市場は、大企業で構成するダウ工業株平均が、7営業日連続して上昇し、史上最高値更新しました。....

円安が一段と加速

アメリカの株式がリーマンショック以来、3年半ぶりに株高に沸いています。....

米国株、5年5カ月ぶり高値

3月初週のニューヨーク株式市場は、米国の堅調な経済統計を好感して、5年5カ月ぶり高値となりました。....

為替相場は膠着状態

アベノミクスで円安方向に進んで為替相場でしたが、この処のイタリアの選挙で再び欧州の財務不安が起きるとの懸念から、
一時対ドル91円を割る円高となりました。....

FXトレーダーを目指すには

FXで儲けるという事は、外国通貨いわゆる為替の値動きを予想しなければなりません。....

外国為替相場が、対ドル91円台の円安に

外国為替市場は、対ドル91円台に乗り、28日の日経平均株価は前営業日比9円25銭安の1万0917円40銭と、円安を好感して一時1万1000円台を回復しました。....

年末のFX相場は、86円台で終了

いよいよ、実質的に今年の為替市場は終わり、円相場ば対ドル86円で終了です。....

自民圧勝で、円84円台に

年末の衆議院選挙が終わり、自民と公明で325議席となる自民党の圧勝で、ニューヨーク市場は、84円台の円安に動いています。....

東京株8600円割れ、2か月ぶり

ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、10日は続落し、東京株式市場も、世界的な景気の先行きに対する警戒感から、幅広い銘柄が売られ、2カ月ぶり安値8600円を割りこみました。....

米FRPが量的緩和第3弾実施へ

米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場から住宅ローン担保証券を追加的に買い取り、大量の資金を供給する量的緩和第3弾(QE3)に踏み切ることを決めました....

NY株、FRBの追加金融緩和で反発

FRBのバーナンキ議長が共和党下院議員にあてた書簡で、
「金融環境を緩和し、景気回復を強化するために追加的な措置をとる余地がある」との考えを示していたことが判明し、24日のニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均は前日終値比100.51ドル高の1万3157.97ドルと大幅に反発して終了しました。....